新崎樽ばやし

 新潟県新崎に200年前から伝わる。

現地では樽砧ともよばれ、現在では新崎樽ばやし連が後継者を育てている。
夏には数万人が参加する「大民謡流し」を樽ばやしが音頭をとる。
現地以外で初めて祭音が樽ばやし連の指導を受けて演奏した。